Author Archives: iygwgzv

シースリーのVIOラインの料金について

シースリーでは全身脱毛の範囲にIOラインと顔は含まれていないんですね。
だから、シースリーの全身脱毛で顔とIOラインの脱毛をしたいという人は、追加オプションをしなくてはいけないのです。

顔とIOラインどちらもを希望する場合

シースリーの場合、Vラインは全身脱毛の範囲内ではあるのですが、IOラインと顔は範囲に含まれておらず、全身脱毛の料金のみでやる場合はIOラインか顔脱毛かのどちらを選択することになります。
そして、選ばなかった方をまた追加する場合は追加オプションで有料となりますのでご注意ください。
だから、IOラインも顔脱毛もしたいという場合はオプションで追加料金を支払いましょう。

顔とIOラインどちらも追加する場合

通常、シースリーの全身脱毛は月7,000円の総額290,000円くらいになることが多いのですが、オプションを付けると340,000円程度で50,000円くらい値段が上がると思っていいでしょう。
追加オプションの場合は、当然施術に通う回数も多くなりますので、まあ50,000円程度の追加料金はそれほど割高とは言わないでしょう。

IOラインは通常場所に含まれるだけ

IOラインのみを選択して、無料で全身脱毛と一緒にVIOラインを脱毛する場合ですが、IOラインはあくまで範囲の中に無料で入れるだけなので、回数が特別増えたりするわけではないんですね。
なので、IOラインも含めるのであれば当然2か所分の回数は高くなりますのでご注意を。

シースリーのVIOラインの自分でケアする部分

シースリーでVIOラインの脱毛をするときは、完全に全部シースリーの施術でやってくれることばかりではないんです。
特に、肌のアフターケアなどは自分でやらなくてはいけないので、その辺はしっかりと覚えておきましょう。

保湿ケアが自分でやらなくてはいけない

シースリーの脱毛処理は、あくまでジェルを塗り施術をして肌を冷やし仕上がりをチェックというところまでです。
脱毛は肌に多少なりとも負担がありますので、ケアも必要なのですがスキンケアや保湿ケアなどはシースリーでは負担していないので自分でケアしなくてはいけないのです。

シースリーではそり残しがあると施術しない

脱毛サロンに行ったことがない人はわからないかもしれませんが、シースリーは基本的に一度ちゃんと剃ってその根元を脱毛するというものになるのです。
だから、伸びっぱなしだったり剃り残しがあるような部分はちゃんと処理することが出来ないのです。

VIOラインも同じで、まずは一度自分でしっかりと処理をしてからでないと施術をしてもらえないんですね。
特に、VIOラインの毛というのは自分で処理をすると剃り残しが出やすい場所なので、シースリーでの脱毛施術を希望する人は、電気シェーバーを持参すると、もしも剃り残しがあった場合はちゃんとその場で処理をしてからVIOラインの脱毛施術をしてもらうことが出来ます。
シェーバーがないと剃り残しがある場合お断りされることもありますので注意しましょう。

シースリーでVIOラインを処理する選択肢について

シースリーだけでなく、VIOラインの処理をするという場合はアンダーヘアーを全く無くすというわけではないんですね。
シースリーでもそうなのですが、全身脱毛というのはVラインも含めた53か所のうちから、少しずつ回数ごとに部位を指定して脱毛していくというようになっています。
Vラインもその中の一つだということですね。

Vラインの処理について

Vラインというのは股間周りのことをいうのですが、アンダーヘアーを全部処理するのがVライン処理というわけではないのです。
例えば、Vラインというのはビキニラインのことを主に示すんですね。
Vラインというのは、股関節の近くのビキニを着た時の下側のこと上側のことを言います。
ビキニラインのサイドと上部、これをどちらも脱毛する人と片方だけ脱毛する人というのもいるんですね。

Iラインだけ処理したい人

ビキニラインだけでなく、例えばセックスのときにアンダーヘアが気になるという人は性器の周りの縦のラインだけを脱毛する人もいるんですね。
そういう場合、シースリーの脱毛コース単体ではIOラインの分類になってしまいます。
だから、全身脱毛に無料でプラス出来るコースでIOラインを選ぶといいでしょう。
IOラインを選択しても、IラインとOラインどちらも選択しなくてはいけないというわけではなく、IOラインをプラスしたけどIラインだけを脱毛するということもできるのです。
IOラインを選択してもOラインだけは使わないこともできます。

シースリーのVIO脱毛は効果があるのか

基本的には、脱毛サロンというのは全身脱毛はあってもVIOラインは別料金になっていることが多いのです。
昨今では、日本でも女性がアンダーヘアを処理するということが当たり前になって来てはいますので、全身脱毛よりも実はVIOラインの方が需要が多く、それをコースとして設定している脱毛サロン方が多いのです。

VIOラインを処理したい人のシースリー

シースリーでは、基本的に全身脱毛しかやっておらずその範囲はVラインだけを含んでいるものなのですが、IOラインもちゃんと無料で選択することができるキャンペーンサービスもあるのです。
だから、シースリーでは全身脱毛と一緒にVIOラインも脱毛することが可能なんですね。

通い放題でVIOラインが出来るのはシースリーだけ

VIOラインの脱毛、或いは全身脱毛というコース自体はどこの脱毛サロンにもあるのですが、7,000円という低価格で全身脱毛+VIOラインの脱毛ということができるのはシースリーだけなんです。
もっとも、シースリーの全身脱毛とVIOラインの脱毛というのはあくまで顔脱毛との選択によるものなのですが、女性の場合は顔脱毛よりも圧倒的にVIOラインの脱毛を希望する人が多いと思います。
全身脱毛のついでにVIOラインの脱毛をすることができるのか、否或いは効果があるのかですが、シースリーは安さは勿論ですが脱毛効果の高さも定評があり、VIOラインも問題なくしっかりとした効果での脱毛が期待できます。

シースリーのVIOラインはどんなものなのか

シースリーでのVIOラインは、全身脱毛単体だと全部をカバーすることが出来ないので気をつけましょう。
シースリーは格安で確かな脱毛効果を、しかも全身53箇所自由に選ぶことが出来るのですが、その53か所の中にはVラインは入っているのですがIOラインは入ってないのです。

シースリーのVIO脱毛をしたい人は

そのため、全身脱毛に加えてIOラインか顔脱毛を任意で選択すると無料で受けることが出来るのですが、IOラインと顔脱毛は片方しか選択することが出来ないので、どちらかはあきらめなくてはいけません。

シースリーのVIO脱毛って痛いの?

デリケートゾーンは、感覚も敏感ですからやっぱり脱毛は痛いのかというところが心配ですよね。
特に、シースリーの脱毛機器は効果が高い分、やはり痛みもやや強めです。
当然と言えば当然なのですが、無痛ということだけはありません。
輪ゴムを弾いたような痛みなどがあるといわれていますが、その辺は個人差があるとしか言えません。

シースリーのVIOラインはどのくらいかかるのか

全身脱毛と合わせるのであれば、最低でも18回はかかるといわれています。
およそ3カ月おきに一度の施術ということになっているのが基本なので、単純計算で4年5ヶ月通うという形で全身をツルツルにすることが出来ます。
ただ、この基準は毛の量が割と濃い人でしかも全身希望の場合なので、毛の量がそれほど濃くない人であれば回数も少なくなるでしょう。